ダイバーシティへの取り組み

多様な人材を受け入れながら、社員一人ひとりの個性や強みを最大限発揮しつつ、社員のエンゲージメントやWell-Beingが向上し、永く活躍できる魅力的な職場環境の整備に取り組んでいます。

ダイバーシティ制度

  • 就業地選択制度

    社員が育児・介護その他の事由により、就業地を選択(転勤免除)することができる制度です。

  • 職域限定制度

    育児・介護その他の事由により、直接外部の窓口となることなく、社内支援的な役割を希望する社員に対して適用する制度です。

  • 就業時間選択制度

    社員自身の体調、育児・介護その他の事由により、就業規則で定める所定勤務時間での勤務が困難な場合に就業時間を選択して勤務できる制度です。

  • 在宅勤務等制度

    心身の状態、育児・介護その他の自身を取り巻く環境により、通勤が著しく困難、または在宅時間を確保する必要のある場合に、在宅での勤務を認める制度です。

テレワーク

時間や場所を有効に活用して柔軟に働けるように、在宅勤務やサテライトオフィス勤務、モバイル勤務等を推進しています。

フレックスタイム制度

10:00~15:00をコアタイムとして、社員個々の時間的自由度を高めるために、日々の始業・終業時間など就業時間の配分を決められます。

専門業務型裁量労働制度

一部の技術職を対象に専門業務型裁量労働制を導入し、勤務時間に囚われない労働環境を提供し、多様性のある働き方を推進しております。